裁判より早期決着できる交通事故紛争処理センターとは?

交通事故には様々な問題がつきものです。被害者と加害者の間でうまく示談を成立させることができなければ長引いてしまうのはもちろん、気分的にも非常に嫌な思いをしなければなりません。

任意保険に加入しているのであれば保険会社同士が様々な話し合いもかねていくことになるのですが、それでもやはり納得がいかないといった場合には弁護士を立てて最終的には裁判へともつれ込んでしまうケースも少なくありません。

また、裁判にもつれ込む以外でも調停で話し合いをするといった場合もあり、努力をしても、双方の保険会社だけで話し合いが決着しないときにはある程度面倒な部分を確保しておかなくてはなりません。

また当然ながら調停や裁判ということになれば費用も必要になってくるのですが、どうしても示談に向けた話し合いが納得できない中、裁判を起こすだけの費用がないといったケースでは交通事故紛争処理センターにお願いして何とか示談を成立させるという方法があります。

弁護士が常駐しているので話しやすい

交通事故紛争処理センターというのは常に弁護士さんがいてくれるのでどのような事故だったのか、また示談が成立しない理由は何なのかについて相談することができます。

また費用に関しては無料になっているので、お金をかけず専門家に解決をお願いする事ができます。

もちろんここでは裁判などを行っている訳ではなく和解の斡旋を行ったり、被害者と加害者の間でいつまでも話し合いが終わらない紛争状態を解決するために中立的な立場に立って様々なアドバイスを行ってくれます。

また審査の手続きなども行ってくれますので過失割合についても納得がいかないという場合には頼れる場所といえるでしょう。

裁判や調停などに比べれば強制的に何かが決まるというものではありませんが、やはり交通事故紛争処理センターに相談することで専門的な立場から委託弁護士などが相談にのってくれるので、円満な解決ができるといったケースもたくさんあります。

あくまでも示談に向けて中立的な意見を聞くことができる

この様に相談することで冷静な話し合いを持てるといった可能性が高くなるのですが同乗者損害保険や人身傷害補償保険などについての紛争を扱っているわけではなく、さらには、自転車と歩行者などのような事故も扱っていませんので、あくまでも自動車が絡んだ交通事故の場合に相談することができる機関となっています。

それでも誰にも相談できないと1人で悩んでしまったり、保険会社があまり真剣に相談にのってくれないという場合などには非常に頼りになる場所となっていて、裁判に発展させる前の段階で何とか示談を成立させることができる可能性がとても高くなります。

例えば自分自身が脅しに悩まされているなどといった場合にも保険会社が長々と関わりたくないと言った姿勢を見せる事がありますが、このような内容についても交通事故紛争処理センターで相談することにより脅しをかけている相手側に対してどのような対応をすれば良いのかといったアドバイスなどをもらうこともできます。

できるだけ早い段階で示談を成立させることが加害者にとっても被害者にとっても良いことと言えるので、まずは示談が成立しない状態で裁判を起こす前に相談してみると良いでしょう。

やはり費用が必要にならないというのは非常に大きな部分ですから、どうしても裁判や調停における費用が気になってしまいなかなか弁護士さんには相談ができなかったという人はとても助けられる存在と言えます。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません